asidbのブログ

健康は良いな (*^_^*)

食による温活法も良いかもね!

今日からでもはじめてみましょう!


食による温活法体を温める食品を食べる、飲むことです。


生野菜も、食物繊維や酵素がとれるため、体にいいのは確かです。


ですが、冷え性の方は注意してください。


よけいに体が冷えてしまう可能性があります。


そこで、冷えを感じる方に意識してとってほしい食材が、生姜や根菜類などです。


根菜類や生姜など、秋~冬が旬の野菜は温め効果バツグンの食材なのです。


手に入りやすい野菜でオススメなのを記します。


にんじん、レンコン、ごぼう、山芋、ニンニク、生姜、ネギ、玉ねぎどこのスーパーでも手に入る食材ばかりですね。


また、味噌などの発酵食品も体を温めてくれます。


みそ汁の具に、根菜類を入れて作れば、温活にぴったりの最強スープになりますよ。


そして、どの根菜も良い働きをしてくれますが、特にオススメなのが、生姜です。


生姜には、温め効果だけではなく免疫力を高めてくれる効果もあるのです。


さらに、医療用の漢方などにも使われています。


冷え性の予防にはもちろん、冷え性を改善したいという方は、ぜひとも取り入れてほしい食材です。


イチオシに生姜ドリンク。


生姜を買う際のポイントは、国産のもの選ぶということです。


可能であるなら、無農薬栽培の生姜がさらに、いいですね。


また、すりおろし、みじん切り、生でも加熱しても、どんな調理法でもOKです!


チューブタイプの生姜でも問題はないですが、生の生姜より効果は低いです。


こだわりたい!という方には断然、生の生姜をオススメします。


ちなみに、今は生姜パウダーなんて商品も売っています。


こちらも、なんにでも使え、とても便利なので1つ持っておくといいかもしれません。


そして、温活を目的とするのなら、加熱して食べましょう。


次に、簡単に作れる生姜を使ったドリンクレシピを紹介します。


しょうが紅茶=有名な、しょうが紅茶の作り方です。


紅茶も体を温めてくれる飲み物なので、生姜とのダブルパワーで「温活」しましょう。


材料:生姜 約10~20g(パウダーの場合は、小さじ1)、紅茶 カップ1杯、黒糖(ハチミツでも可)適量【作りかた】
1. 生姜をすりおろし、ガーゼなどにすりおろした生姜を入れ絞る。生姜をおろした際に出た、おろし汁も捨てない。
2. カップに紅茶を入れて、黒糖、生姜のおろし汁を加える。おろし汁は、飲む直前に入れるのがポイントです。
3. パウダーやチューブの場合も、このときに入れましょう。おろし汁の調整は、お好みで。



しょうが湯
市販の生姜湯は、添加物も含まれている可能性が高いです。
なので、自分で作っちゃいましょうよ。
健康によく、安全で簡単な手作り生姜湯の作り方です。


材料:しょうが約10~20g熱湯カップ1杯黒糖(ハチミツでも可)適量
1. 生姜をすりおろし、ティーポットまたは茶こしに、すりおろした生姜を入れる。
2. 熱湯を注ぐ。
3. 数分蒸らしたらカップに注ぎ、黒糖または、ハチミツを入れる。
簡単に作れるので、朝の忙しい時間にもいいですね。
ぜひ、試してみてください。
飲む目安は、1日にどちらとも3杯です。




キンキンに冷えた飲み物、食べ物は、なるべく避ける。
夏場は気温が高いので、どうしても冷たいものを、飲みたいし食べたくもなりますよね?
けれど、かき氷やアイスのような冷たい食品は、内臓など体の中を冷やしてしまいます。
氷をたくさん入れた飲み物などを常に飲んでいると、体の表面は暖かくても、内側は完全に冷えてしまいます。
体の中の冷えには、気づき難いものです。
自分が普段飲んでいるものに、少し注目してみるのも良いでしょう。




★ アース美容研究所CM       https://youtu.be/Bzo_E3CnZ9I
★ シャンプーの基本中の基本     https://youtu.be/P8PspkfSDfU
  アース美容研究所    https://asidb.jimdo.com/
        https://kenkoutokamihitoe.jimdo.com
    https://ars-mouhatubiyoukenkyujo.jimdo.com/
★ アース美容研究所のゴロゴロ体操  https://youtu.be/h8ZtAv1fqog
★ アース美容研究所のツボ・タッピング、ラビングで熱中症・便秘・冷え症・腰痛や膝痛対策 https://youtu.be/YazuW0bFYMo