asidbのブログ

健康は良いな (*^_^*)

耳の働きはどんなことが有るの?

耳には大きく分けて3つの働きをしています。



◎ 外耳:耳介、外耳道、鼓膜を総称した部分。
     私たちの顔の横から張り出している“目に見えている耳”は「耳介(じかい)」
     といいます。
     この耳介が集音器のような役割をして音を集め、
     耳介から入った音は、鼓膜へ通じる「外耳道」を通り、
     最終的には「鼓膜」へと伝わります。



◎ 中耳:鼓膜の奥には鼓室と呼ばれる空間があり、
     そこに耳小骨と呼ばれる小さな骨があります。
     これらのエリアを中耳と呼びます。
     鼓膜から入ってきた音は、中耳の中にある耳小骨に響くことで増幅され、
     増幅された音は耳のさらに奥にある内耳へと伝わっていきます。



◎ 内耳:内耳には、音を感じとるための蝸牛という器官と、
     平衡感覚(バランス感覚)を制御するための三半規管などがあります。
     この蝸牛の中には「リンパ液」と呼ばれる液体が入っていて、
     中耳から伝わってきた振動がそのリンパ液を揺らすことで、
     内耳の中にある「有毛細胞」と呼ばれる感覚細胞が揺れをキャッチして、
     脳に送るための電気信号に変換します。
     そして、その電気信号は、蝸牛の中にある神経を通して大脳に伝わっていき、
     大脳にある聴覚をつかさどる部分に音が聞こえた!と認識させるのです。
     ちなみに、蝸牛は“かたつむり”に似た巻き貝の形をしていることで、
     その名前が付けられました。
     また、内耳の中には、
     三半規管などの身体のバランスをつかさどる器官があります。
     このバランスをつかさどる器官に異常が出ると、
     目の前がグルングルン回るようなめまいや、吐き気が出てしまうのです。
     ただ、複雑な器官だからこそ、その一部に障害がおきると、
     私たちは音に対して正確に認識できなくなってしまいます。
     その状態を難聴といいます。
     そして、難聴には大きく分けて伝音難聴、感音難聴という
     ふたつの難聴があるのです。
     突発性難聴は感音難聴の一種なのです。


◎ 伝音難聴:外耳や中耳に障害が起きている難聴です。
       中耳炎などの炎症が起き、耳垢がたまっていることで起きます。





耳に障害が起きるとの関係した部分の髪の毛は
ボリューム感、薄毛、時には脱毛というサインを起こして来るのです。




★ アース美容研究所CM       https://youtu.be/Bzo_E3CnZ9I
★ シャンプーの基本中の基本     https://youtu.be/P8PspkfSDfU
★ アース毛髪美容研究所     http://as-idb.com/
★ アース美容院       http://www.as-idb.jp/
アース美容研究所    https://asidb.jimdo.com/
        https://kenkoutokamihitoe.jimdo.com
    https://ars-mouhatubiyoukenkyujo.jimdo.com/
★ アース美容研究所のゴロゴロ体操  https://youtu.be/h8ZtAv1fqog
★ アース美容研究所のツボ・タッピング、ラビングで熱中症・便秘・冷え症・腰痛や膝痛対策 https://youtu.be/YazuW0bFYMo