asidbのブログ

健康は良いな (*^_^*)

1日が早い!?

年齢がかさむにつれ、1日の時間が短いと感じたことありますか?


トシをとるにつれて、「時間が速く過ぎるようになった」と、言っている人が多いですよね。
近所の幼い子の成長をみていると、時間の流れをさらに早く感じます。
そう感じるのは、なぜなのでしょうか?
こんな実験結果があります。4~82歳の約3,500人を対象として、自分が「3分」と感じた時点でボタンを押してもらったところ、年齢が高くなるほど実際の3分より長くなる傾向がみられたのだそうです。
70歳代ではほぼ1割増、すなわち3分18秒経っていたとのことです。
自分が感じる時間の進み方(心的時計)と実際の時間の進み方(物理的時計)が異なり、トシをとるほど心的時計の進み方が物理的時計よりも遅くなるからと考えられています。そのため、時間が速く過ぎるように感じるのです。
では、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?
まず一般的によく知られているのが「ジャネーの法則」です。
「感じられる時間の長さは、年齢と反比例的な関係にある」というものです。
同じ1年であっても、5歳の子供にとっては人生の5分の1であり、60歳の大人にとっては60分の1です。
年齢に対する比が小さいほど時間が短く感じられるので、加齢によって時間が短く感じられるようになる、というわけです。
もうひとつは「代謝説」という考え方です。
身体的代謝が活性化しているときには心的時計が速く進むのだそうです。
たとえば発熱しているときは普段より身体的代謝が亢進しているため、時間がゆっくり進むように感じられます。
逆に身体的代謝が落ちると、それに伴って心的時計の進み方も遅くなるため、加齢により身体的代謝が低下することで物理的時計の方が心的時計よりも速く進み、時間の経過を速く感じるということになります。
また、時間経過に注意が向くほど、同じ時間がより長く感じられることも知られています。
退屈な会議に出席していて、早く終わらないかと思って何度も時計に注意が向く場合は、時間がなかなか経たないような気がしますよね。
一方、楽しく時間を過ごしている場合にはあっという間に時間が経過するように感じます。


★ アース美容研究所CM   https://youtu.be/Bzo_E3CnZ9I
★ シャンプーの基本中の基本   https://youtu.be/P8PspkfSDfU
★ アース毛髪美容研究所   http://as-idb.com/
★ アース美容院    http://www.as-idb.jp/
アース美容研究所  https://asidb.jimdo.com/
       https://kenkoutokamihitoe.jimdo.com
    https://ars-mouhatubiyoukenkyujo.jimdo.com/
★ アース美容研究所のゴロゴロ体操 https://youtu.be/h8ZtAv1fqog
★ アース美容研究所のツボ・タッピング、ラビングで熱中症・便秘・冷え症・腰痛や膝痛対策 https://youtu.be/YazuW0bFYMo