asidbのブログ

健康は良いな (*^_^*)

若い女性がかかりやすい低音障害型感音難聴とは?


突発性難聴とおなじく感音難聴の一種です。


症状としては、すこし耳が詰まった感じが、「ワーン」や「ボー」などの低音の耳鳴りがすることがあります。


突発性難聴に比べて症状は軽めで、低音だけに障害が起こることから、低音障害型感音難聴と名付けられました。


低音障害型感音難聴は、突発性難聴と同じように急におこる感音難聴で、低音だけに障害がおこります。


蝸牛型メニエールとも呼ばれ、めまいを伴わないメニエール病といえます。


内耳には内、外の二つのリンパ液があるのですが、低音障害型感音難聴は、蝸牛に内リンパ液がふえすぎておこると考えられています。


メニエール病は平衡感覚と関係する前庭でもリンパ液がふえ、めまいをおこしますが、低音障害型感音難聴では蝸牛だけでふえ、めまい症状はありません。


低音障害型感音難聴が発症する対象は、そのメニエール病と同様に、20~40代の若い女性だといわれています。


実際の症状は、メニュエール病からめまいを取り除いた症状が近いとのことです。


この低音障害型感音難聴は、突発性難聴と比較すると症状が軽いため、聴力を取り戻しやすい病気と言われています。



★ アース美容研究所CM       https://youtu.be/Bzo_E3CnZ9I
★ シャンプーの基本中の基本     https://youtu.be/P8PspkfSDfU
  アース美容研究所    https://asidb.jimdo.com/
        https://kenkoutokamihitoe.jimdo.com
        https://ars-mouhatubiyoukenkyujo.jimdo.com/
★ アース美容研究所のゴロゴロ体操  https://youtu.be/h8ZtAv1fqog
★ アース美容研究所のツボ・タッピング、ラビングで熱中症・便秘・冷え症・腰痛や膝痛対策 https://youtu.be/YazuW0bFYMo